トップページ > 伝承ローヤルゼリー > 伝承ローヤルゼリーの注目したいポイントはここ!

伝承ローヤルゼリーの注目したいポイントはここ!

ローヤルゼリーの産地へのこだわり

ローヤルゼリーはとても繊細な成分なので、環境汚染に弱いという特徴があります。そこで、人口密度が極めて低く、環境汚染がほとんどない産地として、中央アジアに位置する新疆ウイグル自治区内のイリ地区が選ばれました。標高5,000メートルの山々に囲まれ、手つかずの自然に囲まれた場所で生産された上質なローヤルゼリーを使用しています。

こだわりの生産方法を採用

ローヤルゼリーは鮮度が重要ということで、鮮度にこだわった生産方法を採用しています。そのこだわりの生産方法が「孵化後24時間以内の移虫」と「移虫後72時間での採乳」です。また、採乳されたローヤルゼリーは冷凍可能な施設へすぐに運ばれ、素早く冷凍保存し、取れたての鮮度をキープしています。

無添加で安全性にこだわり

冷凍されたローヤルゼリーは真空凍結乾燥を行い、鮮度と品質を維持したままカプセル化されます。ローヤルゼリー以外の成分としてはつなぎとして少量のでんぷんが使用されるだけで、食品添加物は一切配合されていません。しかもカプセルはトウモロコシ由来の植物性となっているので、安全性にはとことんこだわっています。

ローヤルゼリーの産地へのこだわり ローヤルゼリーはとても繊細な成分なので、環境汚染に弱いという特徴があります。そこで、人口密度が極めて低く、環境汚染がほとんど